インターネット時代、調べれば何でも情報があるので、自分でやるのである。

自由になりたいオジサン

雑学

特許申請後にJIPという所からの手紙

更新日:

スポンサードリンク2

特許の申請をしてから放置していたところ、JIPという所から手紙が来た。

商品化への近道!

【調査の結果、知的財産権専門情報誌の8月号掲載に選ばせて頂きました】

「まじか!やったー!、俺の発明やっぱスゲー!」

 

 

ふむふむ、

A 15000円 2か月掲載

B 19000円 6か月掲載

C 22000円 12か月掲載

じゃ、Cがお得じゃんか!

 

 

さっそくHPをチェック!!

https://www.jipei.com/ei/eiindex.html

なんじゃこりゃー!

20年前のHPのようなデザインじゃないかー!

どうみても怪しすぎる。

いい年したおっちゃんが、HP作成が流行し始めた当時に自作したようはホームページだ。

ピーン! そ、そうか!

 

自分の申請した物が公開されたか!

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

ここで、自分の発明を検索

 

載ってっるー!

これはこれで、嬉しい

 

てことは、これの住所をみて勝手に手紙送ってきたわけで、特許庁とかとは まったく関係ないわけだ。

 

毎日新しく公開されたデータを見て、そこに手紙を送り付ければ チャリーン”とお金が入ってくるわけだ。

これは、スゴイ発明だ!

どれぐらいの頻度で公開されているかわからんけど、1日100件公開で、そのうち10人が申込みしたとする。

掲載希望が平均20000円とすると、20万円!

日給20万円!

やば!

結構、払っちゃう人いそうな気がするなぁ。

 

-雑学

Copyright© 自由になりたいオジサン , 2020 All Rights Reserved.