インターネット時代、調べれば何でも情報があるので、自分でやるのである。

自由になりたいオジサン

DIY ギター・ベース関連

小型のエフェクターボードが欲しい! MOOER のエフェクターボード改造

更新日:

スポンサードリンク2

小型エフェクターボードの自作!

 

スタジオに持っていくエフェクターボードが、どうしても邪魔なので、小型化しようと色々探してみた結果、見つけたのがMOOERのエフェクターボード。

しかし、MOOOERの小型エフェクターは入っても、BOSSなど、の通常サイズの物は入らない。

そこで、改造する事にした。

使用するエフェクターの数や、かばんに入れる事を想定し、Firefly M5にすることにした。

しかし、探しても探してもM6しか売っていないので、Firefly M6を購入。

エフェクターボードM6

ほんとはM4 M5 M6 があるらしい。

違いは、エフェクターが何個入るかだ。

4個 5個 6個 の違い。

早速中を見てみよう。

M6

M6-OPEN

M6-Efect

エフェクターを入れるとこんな感じ。

電源分岐ケーブル

電源の分岐ケーブルが付属していた。

このままでは、BOSSやその他の大き目のエフェクターが入らないので、さっそく分解。

 

分解

 

分解2

簡単にとれた。

ボードエフェクトイン

 

とりあえず、エフェクターを並べてみる。

 

ボード針金

裏に針金が出てる。

ロゴ

これか。

ロゴ外し

ロゴ外し2

 

ではフラットのクッションを入れてみよう。

切り出し1

切り出し2

 

 

 

切り出し3

 

エフェクトボード角

 

角を考慮して、

クッション削る

 

クッション装着

 

エフェクターを入れると、蓋が締まりませんでした

 

クッション厚み比較

クッションの厚みがあまり変わらず、エフェクターに合わせた溝がない分、高くなってしまっている。。

 

とりあえず、無しで行くか。。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、土台の変更。

 

素材準備

100均にて素材を準備。

 

素材1

 

ん?

 

素材2

2個並べてみる。 ダメか。

素材3

 

これかな?

 

素材4

ダイソーの工作木材。

ボードに比べ、サイズが小さいので、薄いプラスチック板をはる。

素材4

 

素材6

 

素材7

ボンドで貼り、さらにOPPテープで巻く

 

素材8

 

 

 

素材9

フェルトを使って、中もキレイにする。

フェルト!

フェルト2

フェルト4

 

挿入

 

挿入! いい感じ!

 

マジックテープ

 

マジックテープを貼っていく。

マジックテープ2

端っこが少し足りないけど、許容範囲かな。

並べる

エフェクターをインして並べてみる。

まあ、イイ感じかな。

 

裏剥がし

 

エフェクターの裏側を剥がして、マジックテープを貼る。

 

マジックテープを貼る

 

ケーブル1

 

短めのケーブルを自作。

 

ケーブル2

半田いらずで、簡単。

並べてみた

 

並べてみた2

シールドの差込場所もあり、便利。

 

なかなか、イイ感じに仕上がって満足した。

 

-DIY, ギター・ベース関連

Copyright© 自由になりたいオジサン , 2020 All Rights Reserved.